• Home 医薬品の進歩を間近で見られるMR

医薬品の進歩を間近で見られるMR

現代の医療技術の発達はめざましく、医薬品の発達もその技術を支えてきた立役者です。昔は自然の植物や動物などを活用して薬効のあるものを探してきましたが、今では人の手で人工的に化学合成して医薬品が作れるようになりました。予防接種のワクチン、鎮痛剤、抗がん剤など、それぞれの領域で薬は進歩しています。そういう薬の進歩を間近でみることができる職業の一つが、MRです。薬剤師と違い調剤や服薬指導は行えませんが、薬剤師よりも医薬品全般の情報に精通していて、その情報によって人々の病気の治癒に関わっていきます。薬の種類は大量にあり、同じような薬でもメーカーによって特徴が違うので全ての情報を把握しておく必要があります。医薬品の情報を伝えることで、患者さんを支えることができます。

売り込むためには自社の薬情報だけでは足りない

MRは製薬会社に勤務して、その会社が提供している医薬品を医療機関に売り込むのが仕事です。そのためには医師や看護師、薬剤師などに自社の医薬品が他の製品に比べてどこが優れているのかを知ってもらう必要があります。自社の製品をアピールするには、他社の医薬品の情報も理解しておく必要があります。自社の製品の良さだけをアピールしても、すでに他社製品で似たような薬を使っている場合は受け入れてもらえない可能性が高いからです。そのためには自社製品以外に広く医薬品業界全体の薬について知識を仕入れて正しく伝えられる能力が必要です。業界全体の事情を知ることで、医薬品の進歩を俯瞰することができます。売り込むためには他社製品と比較して優れたポイントをわかりやすく伝える技術を身につけておく必要があります。

専門職だからこそのやりがいがある

MRとして活躍している人は、探究心や向上心が高い人が多いです。取り扱う医薬品は日々新しいものが開発されて販売されるので、常に新しい薬に関する勉強をしておく必要があります。入社するまでは理系学部出身ではなくてもいいと言われていますが、入ってからは日々薬に関して自ら猛勉強を続けていくことが求められます。医療者に納得して自社の薬を使ってもらうためには、薬だけではなく病気やケガの知識も身につけておく必要があります。向上心の強い人ほど、いくら勉強しても知識が不足していると感じるようです。常に新しい勉強が必要という点では大変な仕事ですが、そのぶん医療者に受け入れられて患者さんの役に立てた瞬間は大きなやりがいを感じることができます。専門家として働けるので充実度が高いです。