• Home MR医薬情報担当者とはどんな仕事か

MR医薬情報担当者とはどんな仕事か

MRとはいったい何でしょうか。何かの頭文字ということには気づきますが、普通その意味を正確に把握している人は少ないのではないでしょうか。結局、医薬情報担当者のことを言います。病院などに行くと、よくどこかの会社の営業マンらしき人が来て、お医者様と話をしている光景を見ることがあります。医薬情報担当者というのは、医薬品が正しく使われるために、その医薬品の情報をお医者様などに伝える日とのことを言います。また医療現場の情報を生の声として吸い上げ、製造側へ的確にフィードバックし、新たな安全性の高い製品作りに役立てていく、という使命を持った仕事です。以前はプロパーなどと呼ばれたことのある職業ですが、単に医薬品を紹介し販売をするだけの仕事ではありません。真に患者のことを考え、高い倫理観を持ちながら薬の情報を提供するという、使命感に溢れた仕事なのです。

どうしたらMRになれるでしょうか

そのためには認定制度試験に合格する必要があります。それは公的な国家資格ではありませんが、業界の自主的な認定試験の位置付けにあります。その試験に合格しなければ営業ができないということはありませんが、製薬企業ではその認定試験合格者でなければ、営業活動ができないよう規制しているところもあり、事実上は認定試験が必須の状況となっています。医薬業界に携わる仕事である、という高い自負を抱きながらお医者様と接することは、その社会的な立場からも重要な役割を持ちます。わたしたちの命を預かる、という非常に大事な仕事をするわけですから、同じ会社の担当者同士でも、情報の共有火や勉強会などを常日頃から実施し、最新の情報を自分自身の中で更新しておかなければなりません。

今後のMRに期待されることは何か

日本の製薬企業は世界的に見ても非常に高いテクノロジーと情報をもっていると言われています。また業務に従事している方々もたいへん優秀であるとの評判が高くなっています。しかしその企業規模からみると、日本の製薬企業は売上高、利益率、人員などを海外の製薬企業と比べると、まだまだ小さな規模になっています。グローバルで戦うビジネスでは、規模が小さければ吸収合併のリスクがつきまといます。そうなると企業として生き残ることが難しくなってしまいます。そのような意味で、質の高い医薬情報担当者を育て、日本ひいては世界の医薬業界に大きく貢献していくことが必要です。そのような人材を数多く持つことが、その企業の生き残りに大きく影響してくるでしょう。日本の製薬企業には、このような課題が突きつけられています。