• Home 未経験からでもなれるMRの仕事

未経験からでもなれるMRの仕事

医薬品情報のスペシャリストというと、必ず資格が必要というイメージがありますが、MRは未経験でも就職できる可能性はあります。新卒の採用枠や、他業種や他職種で働いていた人の転職用の中途採用枠も設けられていて、どちらもたくさんの人が挑戦しています。仕事をするために薬学部卒や理学部卒といった学歴は不要で、薬剤師経験や製薬会社勤務といった経験が必ず必要になっているわけでもありません。全くの異業種から経験するという場合は、熱意を持って望めば受け入れてもらえる職場が見つかる可能性もあります。ただし、職場によっては中途採用だと大学卒業以上、営業や販売職の経験、などが応募条件になっていることがあるので、応募する前に応募条件をチェックしておくことが必要です。

未経験だと若い人の方が有利になる

中途採用枠で全くの未経験からMRの求人に応募する場合、若い人の方が有利になります。専門職は育成のために時間がかかるということで、若い人の方がじっくり育てられるというメリットがあるからです。すでに薬剤師や営業、販売の仕事をしてきた人であればその経験を活かして有利に転職活動を進められる可能性もありますが、こういう経験がゼロの人は年齢に気をつけた方がいいです。もし未経験から働くのであれば、入社後には必ずと言っていいほど認定試験を合格して認定証を取得することが求められるので、これに向けて勉強しておくことが大切です。国家資格や民間資格がないと働けない仕事ではありませんが、公益財団法人の認定センターが毎年主催している認定試験に合格することが仕事をするための第一条件になります。

ライフスタイルに合わせやすい仕事

製薬会社で専門職として働くとなると、休みなしで研究を続けるようなイメージがあります。しかし、MRは研究者のように好きで研究室にこもって自らの研究を進めるような仕事ではありません。外回りをして病院などの医療機関に行って、医師や看護師に新しい薬の情報を伝えたり、自社の薬の良さを知ってもらうために薬について説明するのが仕事です。仕事内容で言えば、一般の営業職のような感じです。製薬会社や医療機器会社は企業なので、土日が休み、祝日休みという企業の休みに合わせた休暇取得ができます。土日は家族とどこかに行きたい、一緒に過ごしたいという人にはライフスタイルに合わせやすいです。最近では女性だとパートや派遣の仕事をする人も増えていて、柔軟な働き方を実現しています。